2018年5月28日月曜日

平河町ミュージックス第46回 大地の薫り、清冽な音楽  ― 山形交響楽団首席奏者による弦楽四重奏 ― を聴いた 2018/5/24 


公演当日の夕刻、
山形から、髙橋和貴(ヴァイオリン)、舘野ヤンネ(ヴァイオリン)、成田寛(ヴィオラ)、小川和久(チェロ)の4人が、北欧家具と、山王祭を控えた平河町神輿 が鎮座する会場に現れた。

開演前には、山形交響楽団西濱専務理事と平河町ミュージックス佐野実行委員長による、曲目紹介と山響東京公演の話題で盛り上がる。

そして開演
いきなりモーツァルトの心地よい響きに包まれる。
なぜか ほとんどの聴衆が目を閉じて それぞれのモーツァルトの世界に浸った。
「劇場では目を閉じる観客はいないが、心地よい音楽会では目を閉じて聴くひとが多いのに驚いた・・・」と初めてこの音楽会を訪れた大学の劇場研究者が終演後に語ってくれた。
モーツァルト:弦楽四重奏曲第1番 ト長調 「ローディ」

一呼吸おいて
色濃い旋律が折り重なるように繰り返され、奥深い東欧のイメージに満たされた。
アラム・ハチャトゥリアン:弦楽四重奏のための二重フーガ

ヴァイオリン奏者の舘野ヤンネがフィンランドに帰省して、この演奏会のために持ち帰ってきたという楽譜。
その楽譜から立ち昇る聴きなれない旋律が、揺らぎと穏やかさの入り交じる北欧の空気感となって聴衆を翻弄する。
アウリス・サッリネン :弦楽四重奏曲第3番 「ペルトニエミ・ヒントリークの葬送行進曲の諸相」


休憩 のあと
聴きなれたドヴォルザーク。
四つの弦が織り成す美しい熟練の響きがのびやかに空間にひろがる。
アントニン・ドヴォルザーク :弦楽四重奏曲第12番 ヘ長調 「アメリカ」

大きな拍手がなりやまなかった。
終演後の余韻の中で、聴衆は四種類の山形ワインを楽しんだ。
山響の凄腕4人の四つの音とハーモニーを反芻するように。


山形交響楽団は地元山形でスクールコンサートなどを通じて、地域に根ざす活動を続けている。
その活動のありようと、山形の大地の薫りを感じる清冽なこの響きは 間違いなく山形の人々の誇りであり、心の拠りどころになり、そこに永く生き続けるに違いない・・・と思った。




平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ   木村佐近

2018年1月27日土曜日

平河町ミュージックス第45回浅井咲乃(ヴァイオリン)& 姜 隆光(ヴィオラ) String Duo ~ヴァイオリンとヴィオラの二重奏で聴く名曲~ を聴いた 2018/1/26

公演当日の昼下がり、
連日の寒波で冷えきった平河町に、
浅井咲乃 と 姜 隆光 が大阪から到着した。
 

開演
ふたつの弦から 艶やかな音が絡み合うように響きわたり、
聴衆を包み込んだ。
I.プレイエル:ヴァイオリンとヴィオラの為の二重奏 第1番より1楽章

晴れやかな喜びに満ちたヴァイオリンの音色にヴィオラの穏やかな響きが重なる。
二つの楽器の特徴を語りながら、音を紡ぐ。
F.クライスラー:愛の喜び

ヴィオラの音色でピアソラを弾く。
「ヴィオラは人間の声に最も近いと科学的に証明された」とか・・姜が弾んだ声で語る。
A.ピアソラ:タンティ・アンニ・プリマ

いつもの聴きなれた「四季・冬」とは違った。
二つの弦だけで鳴らす「冬」の景色は、荒々しい木枯らしのようだ。
その新鮮さに鳥肌が立つ。
A.ヴィヴァルディ:「四季」より「冬」第1楽章

美しく心地よい旋律が、二つの弦の上を行き来する。
C.ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女

プログラムにない曲を付け加えた。
おどろおどろしいゲーテの詩を思い浮かべながら聴く。
シューベルト:魔王

休憩のあと
誰もが知っているヤマトのテーマで後半の幕を開けた。
アニメのテーマも弦の生音で聴くとこんなにも素晴らしい!
宮川 泰:宇宙戦艦ヤマト

ゲーム音楽も 楽し気に弾きこなす。
近藤 浩治:スーパーマリオブラザーズ

プログラムにない曲をさらに弾く。
目を閉じると映画の場面が湧き上がってくる。
久石 譲:もののけ姫

美空ひばりが出てきた。
まるで歌うように、二つの弦が響き合う。
目頭が熱くなる。
小椋佳:愛燦燦

小気味の良いリズムで気持ちがはずむ。
それにしても、二人の弦さばきは圧倒的で、変幻自在。
マイケル・ジャクソンを弾き終えて、
「明日は、東京文化会館小ホールで復元古楽器を用いてクラシックを弾く」と紹介。
マイケル・ジャクソン:スムース・クリミナル

最後の曲は美しい古典曲で締める。
J.ハルヴォルセン:パッサカリア

そして、アンコールを2曲。
聴衆の心は、二人の響きに浸り 支配されていた。
プッチーニ:トゥーランドット/誰も寝てはならぬ
葉加瀬太郎:情熱大陸

浅井咲乃と姜隆光は、バロック音楽演奏を中心として
関西を拠点に活動するテレマン室内オーケストラの首席奏者であり、
復元古楽器とモダン楽器を弾き分けることのできる名手と言われている。
今日は、そのふたつの弦からジャンルを超えてはじけるような響きが溢れだし、
意外性に富んだ 理屈抜きで楽しいひとときとなった。
そして、現代曲と古典曲との境界は無いように思えてきた。



平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ 木村佐近













2017年7月29日土曜日

平河町ミュージックス第44回 濱野杜輝(バリトン)、太田咲耶(ハープ)、藤川大晃(作編曲) 杜のうた ~ハープとバリトンで紡ぐ僕らの物語~ を聴いた 2017/7/28 

公演前日の昼下がり
濱野杜輝、太田咲耶、藤川大晃が現れた。
 

開演
ハープのふくよかな響きにつづき、
バリトンの奥深く力強い歌声が空間に満たされる。
赤とんぼ / 作曲 山田耕筰 作詞 三木露風

力強い歌声とはうらはらな、ひょうひょうとした語りと絶妙な間合いをとりながら、聴衆を一気に濱野ワールドに引き込んでゆく。
みぞれに寄する愛の歌 / 作曲 山田耕筰 作詞 北原白秋
庭の千草  / アイルランド民謡 訳詞 里見義 編曲 藤川大晃
ダニーボーイ  / アイルランド民謡 訳詞 なかにし礼 編曲 藤川大晃

太田咲耶がひとり残る。
ハープの楽器説明のあと、
軽やかに弦の上に手のひらを泳がせる。
オリエンタルガーデン ハープソロのために / 作曲 徳山 美奈子

ふたたび濱野と太田がならんだ。
明治43年にボート転覆により、逗子開成高校の生徒12名が命を落とした海難事故を悔やみ、賛美歌に作詞した三角錫子は濱野の祖母の祖母にあたり、その遺志をひきついで、うたう。
悲哀の物語は美しい歌声と弦の響きにのり、聴衆の心を強く揺さぶった。多くの聴衆の目から涙があふれるのを見た。
真白き富士の根 / 作曲 J.インガルス 作詞 三角錫子 編曲 藤川大晃

悲哀の物語に揺さぶられた聴衆の心は、なつかしい旋律によって癒されていく。
朧月夜 / 作曲 岡野貞一 作詞 高山辰之 編曲 藤川大晃
子守唄 / 作曲 團伊玖磨 作詞 野上彰 編曲 藤川大晃

休憩のあと。
濱野が選んだ7つの詩は、並べることで物語性を帯び、それを藤川大晃が楽譜に置き換えた楽曲。
並べられた谷川俊太郎をはじめとする詩人の選りすぐりの言霊は、「人生は美しい詩に溢れている と気づかせ、一日の流れや、人生までもを感じさせる」と、藤川が語っているように、
7つの詩を聴きながら、時空の流れに想いを巡らせる。
杜のうた / 作曲 藤川 大晃

満身創痍ながら、懸命に生きているおばあさんが目に浮かぶ楽曲。
母を思い出した。
ぽつねん / 作曲 武満徹 作詞 谷川俊太郎 編曲 藤川大晃

ずっしりと心に沁み入る言葉を、濱野がうたう。
哀愁をさそう弦の響きが空間に沁みわたる。
また、涙ぐむ。
死んだ男の残したものは / 作曲 武満徹 作詞 谷川俊太郎 編曲 藤川大晃

「希望に満ちた 島 を探し続けています。」
遠くを見つめたくなる楽曲で幕を閉じた。
島へ / 作曲 武満徹 作詞 井沢満 編曲 藤川大晃


拍手がなりやまなかった。

アンコールは、
武満徹の「小さな空」
「こどもの頃を思い出した。」とうたいながら、舞台をあとにした。


今日は、にほんごの持つ「言霊の力」と、それに音を与えることで生まれる「音楽の力」をあらためて、目の当たりにした。
そして、その「力」は、東京藝術大学大学院で学ぶ3人の並外れた才能によって操られ、満席の聴衆を感動のるつぼ に見事に惹きこんだ。
「杜のうた」と銘打つ若い彼らの見ている杜の向こうに見えるものは何か。・・・それを見守りたいと思ったのは私だけだろうか。




平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ  木村佐近















2017年4月22日土曜日

平河町ミュージックス第43回 工藤あかね(ソプラノ)孤独のバベル~身体表現をともなう現代無伴奏声楽曲 を聴いた 2017/4/21 

公演前日の夕暮れ時
工藤あかねが一人で現れた。
一とおり歌ったあとは、
声をまもるため、無言で身体表現の所作をたしかめていた。

開演
のびやかで澄みきった歌声が、
一気に
空間をあかね色に染めていく。
高橋悠治 /長谷川四郎の猫の歌

はげしい感情のうつろいを
10種類の声いろを用いて表現し、
ストップウォッチを見ながら、10分間に凝縮させる。
あかね色が鮮やかな十色に変幻する。
ジョン・ケージ /アリア(1958)

7つのオペラから抽出され、抽象化された世界。
作曲家によって、音と所作が厳格に規定されているという。
「作曲家の規定が厳格であればあるほど、その先に歌い手の個性が出る」と 演奏のあと工藤が語った。
カールハインツ・シュトックハウゼン /一週間の7つの歌(1986


休憩の後は、
人間の悪業に神が怒り、人間同士の言葉を通じなくしたというバベルの塔の逸話を6つの言語で歌う。
言語ごとに歌い分けられる旋律の一つ一つの中にも、相容れない気質が混在していて、意思の疎通はそもそも言語以前のものであると暗示している と工藤は言う。
神に代わり、作曲家が各言語に込めた悪意に満ちた音が空間を不気味に揺らす。
マウリシオ・カーゲル /バベルの塔(2002)より イタリア語、英語、ドイツ語、ポルトガル語、ラテン語、日本語

この楽譜は、その解釈を演奏者に一任し、身体的表現を示唆する暗号が盛り込まれているという。
工藤は、一階から中二階までを くまなく使い、それぞれの悲劇の物語を 声と身体の動きに変えて、美しく表現する、
言葉はわからずとも、不思議なことに深い悲しみの感情が伝わってくるようだ。
シルヴァーノ・ブソッティ /声のための観念的バレエ「涙」(1978)

アンコールに、工藤はカーゲルのバベルの塔を、悪意なく、ふつうに歌い、舞台をあとにした。

そこには、澄みわたるソプラノによる現代無伴奏声楽曲が揺さぶりをかけた心地よい空気の余韻と、指先の動きまでもが美しい工藤の身体的表現の残像が残っていた。
この あかね色の空気感と残像は、聴衆の記憶に深く刻まれ、永く残るに違いない。 と 思った。






平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ   木村佐近








2016年12月10日土曜日

平河町ミュージックス第42回 楠本由紀(ピアノ)&荒井英治(ヴァイオリン・ピアノ) バッハとシュニトケ、冬の夜 を聴いた 2016/12/9

公演当日の朝
会場に貸ピアノが運びこまれた。
昼までに調律を済ませ、
午後には、楠本由紀がピアノの前に座る。

そして夕刻
荒井英治がヴァイオリンと共に現れ、
楠本のピアノに念入りに音を重ねていく。

開演
楠本の指が鍵盤に触れ、
聴きなれたバッハの平均律が空間を一気に染める。
開演前に、楠本は満身創痍の貸ピアノの音に不安を漏らしていたが、
その音は澄みわたり美しく響いた。
JS・バッハ / 平均律クラヴィーア集から
プレリュード BWV 846
プレリュードとフーガ BWV 847 BWV 866BWV 867BWV 884

穏やかなバッハの旋律から一変して
不安げな響きを秘めた小品に変わる。
A・シュニトケ / ピアノのための8つの小品

休憩のあと、
楠本に続き、ヴァイオリンを抱えた荒井が登場する。
が、楠本に誘われるように、ヴァイオリンを椅子に置き、
楠本と並んでピアノの前に座る。
20本の指が軽快な音をはじき出す。
A・シュニトケ / ピアノ4手のためのソナチネ

荒井が語りだした。
「時代の先端を行く偉大な芸術家は それまで培われてきた歴史を根底に据えながら新しいものを創り出したように、シュニトケもまた既存の音楽と対峙しながら新しい音を創り出した。
楠本は、東京フィルハーモニー時代に、オーケストラの一員で音楽を作り出す能力と経験をそなえたピアニストとして旧知の仲であり、その彼女から久々に連絡があり、「シュニトケをやりませんか?」と誘いをうけた。
柔和な彼女とシュニトケのイメージが結びつかず、「人は見かけによらないもだ。」とたいへん驚いたが、人前でシュニトケをソロで弾いたことが無かったこともあり、いい機会であると考え共演することになった。」

荒井が言う「シュニトケのなかでも最も過激な曲」 がはじまる。
空間を引き裂くようなヴァイオリンとピアノの叫び。
ガラス越しに見える ひとや車 が行き交ういつもの風景から、
狂気に似た響きがみなぎる室内の時空が少しずつずれていくような不可思議な感覚に囚われる。
シュニトケはコンサートホールで客観的に接するより、
奏者の傍に身を置き、その響きにどっぷり飲み込まれたほうが感受できるものが大きいのかも知れない。
A・シュニトケ / ヴァイオリン・ソナタ第2番「ソナタもどき」

狂気の旋律と同じ作曲家であると思えないほどの優雅なロンドがはじまる。
が楠本によると通常のロンド形式に縛られない独自のスタイルになっているという。
A・シュニトケ / ヴァイオリンとピアノのための祝賀ロンド

楠本が語る
「日本で演奏されることは まだまだ少ないが
シュニトケは様々な側面を持っていることを素直に感じていただけたのではないか。
アンコール曲は シュニトケのきよしこの夜
クリスマスはキリストの誕生を祝うだけでなく、その後の苦難を予感させるもの。
よろこびだけでなく病魔に苦しみ厳しい試練も感じさせるシュニトケらしい曲である」と。

日常的に一流演奏家として音楽に向き合うなかで、
楠本と荒井が、なぜ バッハとシュニトケを対峙して奏でたのか?
古典的な音楽にとどまるだけでなく、常に疑問を投げかけ、
そこから生まれる新しい様相を引き出そうとしているのか?・・・

ピアノとヴァイオリンから繰り出される美しさと狂気にも似た圧倒的な響きを、
全身に受けながら、
遠くを見つめ、いつもと違う感じ方をしている自分がいた。




平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ   木村佐近