2017年7月29日土曜日

平河町ミュージックス第44回 濱野杜輝(バリトン)、太田咲耶(ハープ)、藤川大晃(作編曲) 杜のうた ~ハープとバリトンで紡ぐ僕らの物語~ を聴いた 2017/7/28 

公演前日の昼下がり
濱野杜輝、太田咲耶、藤川大晃が現れた。
 

開演
ハープのふくよかな響きにつづき、
バリトンの奥深く力強い歌声が空間に満たされる。
赤とんぼ / 作曲 山田耕筰 作詞 三木露風

力強い歌声とはうらはらな、ひょうひょうとした語りと絶妙な間合いをとりながら、聴衆を一気に濱野ワールドに引き込んでゆく。
みぞれに寄する愛の歌 / 作曲 山田耕筰 作詞 北原白秋
庭の千草  / アイルランド民謡 訳詞 里見義 編曲 藤川大晃
ダニーボーイ  / アイルランド民謡 訳詞 なかにし礼 編曲 藤川大晃

太田咲耶がひとり残る。
ハープの楽器説明のあと、
軽やかに弦の上に手のひらを泳がせる。
オリエンタルガーデン ハープソロのために / 作曲 徳山 美奈子

ふたたび濱野と太田がならんだ。
明治43年にボート転覆により、逗子開成高校の生徒12名が命を落とした海難事故を悔やみ、賛美歌に作詞した三角錫子は濱野の祖母の祖母にあたり、その遺志をひきついで、うたう。
悲哀の物語は美しい歌声と弦の響きにのり、聴衆の心を強く揺さぶった。多くの聴衆の目から涙があふれるのを見た。
真白き富士の根 / 作曲 J.インガルス 作詞 三角錫子 編曲 藤川大晃

悲哀の物語に揺さぶられた聴衆の心は、なつかしい旋律によって癒されていく。
朧月夜 / 作曲 岡野貞一 作詞 高山辰之 編曲 藤川大晃
子守唄 / 作曲 團伊玖磨 作詞 野上彰 編曲 藤川大晃

休憩のあと。
濱野が選んだ7つの詩は、並べることで物語性を帯び、それを藤川大晃が楽譜に置き換えた楽曲。
並べられた谷川俊太郎をはじめとする詩人の選りすぐりの言霊は、「人生は美しい詩に溢れている と気づかせ、一日の流れや、人生までもを感じさせる」と、藤川が語っているように、
7つの詩を聴きながら、時空の流れに想いを巡らせる。
杜のうた / 作曲 藤川 大晃

満身創痍ながら、懸命に生きているおばあさんが目に浮かぶ楽曲。
母を思い出した。
ぽつねん / 作曲 武満徹 作詞 谷川俊太郎 編曲 藤川大晃

ずっしりと心に沁み入る言葉を、濱野がうたう。
哀愁をさそう弦の響きが空間に沁みわたる。
また、涙ぐむ。
死んだ男の残したものは / 作曲 武満徹 作詞 谷川俊太郎 編曲 藤川大晃

「希望に満ちた 島 を探し続けています。」
遠くを見つめたくなる楽曲で幕を閉じた。
島へ / 作曲 武満徹 作詞 井沢満 編曲 藤川大晃


拍手がなりやまなかった。

アンコールは、
武満徹の「小さな空」
「こどもの頃を思い出した。」とうたいながら、舞台をあとにした。


今日は、にほんごの持つ「言霊の力」と、それに音を与えることで生まれる「音楽の力」をあらためて、目の当たりにした。
そして、その「力」は、東京藝術大学大学院で学ぶ3人の並外れた才能によって操られ、満席の聴衆を感動のるつぼ に見事に惹きこんだ。
「杜のうた」と銘打つ若い彼らの見ている杜の向こうに見えるものは何か。・・・それを見守りたいと思ったのは私だけだろうか。




平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ  木村佐近















2017年4月22日土曜日

平河町ミュージックス第43回 工藤あかね(ソプラノ)孤独のバベル~身体表現をともなう現代無伴奏声楽曲 を聴いた 2017/4/21 

公演前日の夕暮れ時
工藤あかねが一人で現れた。
一とおり歌ったあとは、
声をまもるため、無言で身体表現の所作をたしかめていた。

開演
のびやかで澄みきった歌声が、
一気に
空間をあかね色に染めていく。
高橋悠治 /長谷川四郎の猫の歌

はげしい感情のうつろいを
10種類の声いろを用いて表現し、
ストップウォッチを見ながら、10分間に凝縮させる。
あかね色が鮮やかな十色に変幻する。
ジョン・ケージ /アリア(1958)

7つのオペラから抽出され、抽象化された世界。
作曲家によって、音と所作が厳格に規定されているという。
「作曲家の規定が厳格であればあるほど、その先に歌い手の個性が出る」と 演奏のあと工藤が語った。
カールハインツ・シュトックハウゼン /一週間の7つの歌(1986


休憩の後は、
人間の悪業に神が怒り、人間同士の言葉を通じなくしたというバベルの塔の逸話を6つの言語で歌う。
言語ごとに歌い分けられる旋律の一つ一つの中にも、相容れない気質が混在していて、意思の疎通はそもそも言語以前のものであると暗示している と工藤は言う。
神に代わり、作曲家が各言語に込めた悪意に満ちた音が空間を不気味に揺らす。
マウリシオ・カーゲル /バベルの塔(2002)より イタリア語、英語、ドイツ語、ポルトガル語、ラテン語、日本語

この楽譜は、その解釈を演奏者に一任し、身体的表現を示唆する暗号が盛り込まれているという。
工藤は、一階から中二階までを くまなく使い、それぞれの悲劇の物語を 声と身体の動きに変えて、美しく表現する、
言葉はわからずとも、不思議なことに深い悲しみの感情が伝わってくるようだ。
シルヴァーノ・ブソッティ /声のための観念的バレエ「涙」(1978)

アンコールに、工藤はカーゲルのバベルの塔を、悪意なく、ふつうに歌い、舞台をあとにした。

そこには、澄みわたるソプラノによる現代無伴奏声楽曲が揺さぶりをかけた心地よい空気の余韻と、指先の動きまでもが美しい工藤の身体的表現の残像が残っていた。
この あかね色の空気感と残像は、聴衆の記憶に深く刻まれ、永く残るに違いない。 と 思った。






平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ   木村佐近








2016年12月10日土曜日

平河町ミュージックス第42回 楠本由紀(ピアノ)&荒井英治(ヴァイオリン・ピアノ) バッハとシュニトケ、冬の夜 を聴いた 2016/12/9

公演当日の朝
会場に貸ピアノが運びこまれた。
昼までに調律を済ませ、
午後には、楠本由紀がピアノの前に座る。

そして夕刻
荒井英治がヴァイオリンと共に現れ、
楠本のピアノに念入りに音を重ねていく。

開演
楠本の指が鍵盤に触れ、
聴きなれたバッハの平均律が空間を一気に染める。
開演前に、楠本は満身創痍の貸ピアノの音に不安を漏らしていたが、
その音は澄みわたり美しく響いた。
JS・バッハ / 平均律クラヴィーア集から
プレリュード BWV 846
プレリュードとフーガ BWV 847 BWV 866BWV 867BWV 884

穏やかなバッハの旋律から一変して
不安げな響きを秘めた小品に変わる。
A・シュニトケ / ピアノのための8つの小品

休憩のあと、
楠本に続き、ヴァイオリンを抱えた荒井が登場する。
が、楠本に誘われるように、ヴァイオリンを椅子に置き、
楠本と並んでピアノの前に座る。
20本の指が軽快な音をはじき出す。
A・シュニトケ / ピアノ4手のためのソナチネ

荒井が語りだした。
「時代の先端を行く偉大な芸術家は それまで培われてきた歴史を根底に据えながら新しいものを創り出したように、シュニトケもまた既存の音楽と対峙しながら新しい音を創り出した。
楠本は、東京フィルハーモニー時代に、オーケストラの一員で音楽を作り出す能力と経験をそなえたピアニストとして旧知の仲であり、その彼女から久々に連絡があり、「シュニトケをやりませんか?」と誘いをうけた。
柔和な彼女とシュニトケのイメージが結びつかず、「人は見かけによらないもだ。」とたいへん驚いたが、人前でシュニトケをソロで弾いたことが無かったこともあり、いい機会であると考え共演することになった。」

荒井が言う「シュニトケのなかでも最も過激な曲」 がはじまる。
空間を引き裂くようなヴァイオリンとピアノの叫び。
ガラス越しに見える ひとや車 が行き交ういつもの風景から、
狂気に似た響きがみなぎる室内の時空が少しずつずれていくような不可思議な感覚に囚われる。
シュニトケはコンサートホールで客観的に接するより、
奏者の傍に身を置き、その響きにどっぷり飲み込まれたほうが感受できるものが大きいのかも知れない。
A・シュニトケ / ヴァイオリン・ソナタ第2番「ソナタもどき」

狂気の旋律と同じ作曲家であると思えないほどの優雅なロンドがはじまる。
が楠本によると通常のロンド形式に縛られない独自のスタイルになっているという。
A・シュニトケ / ヴァイオリンとピアノのための祝賀ロンド

楠本が語る
「日本で演奏されることは まだまだ少ないが
シュニトケは様々な側面を持っていることを素直に感じていただけたのではないか。
アンコール曲は シュニトケのきよしこの夜
クリスマスはキリストの誕生を祝うだけでなく、その後の苦難を予感させるもの。
よろこびだけでなく病魔に苦しみ厳しい試練も感じさせるシュニトケらしい曲である」と。

日常的に一流演奏家として音楽に向き合うなかで、
楠本と荒井が、なぜ バッハとシュニトケを対峙して奏でたのか?
古典的な音楽にとどまるだけでなく、常に疑問を投げかけ、
そこから生まれる新しい様相を引き出そうとしているのか?・・・

ピアノとヴァイオリンから繰り出される美しさと狂気にも似た圧倒的な響きを、
全身に受けながら、
遠くを見つめ、いつもと違う感じ方をしている自分がいた。




平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ   木村佐近










2016年11月19日土曜日

平河町ミュージックス第41回 片岡詩乃&鈴木明子 竪琴あそび~おとでつむぐ物語 を聴いた

公演前夜、片岡詩乃と鈴木明子がグランドハープやアイリッシュハープなど、
それに、シェーファーの楽曲で用いる沢山の打楽器を持ち込んだ。
楽し気に準備を進める二人の姿に、ガラスの外を通りがかる人々が足を止める。

開演
二台のグランドハープの弦に二人の指先が絡み
軽快な旋律が飛び出してくる。
47本の弦の上を激しく走る二人の指先を、
聴衆が息を呑んで見つめる。
ベルナルド・アンドレ/パルヴィス

ハンギングチェアに片岡が身をまかせアイリッシュハープを、
そのとなりでサウルハープを膝に抱えた鈴木が長椅子に腰かけて つま弾く。
空間が、哀愁に満ちた響きにしっとりと包まれる
吉松隆/8月の歪んだワルツ、淋しい魚の聖歌、ベルヴェット・ワルツ


「この曲は、オーケストラの中で演奏したことがあり、
良く分かっているつもりでしたが、
ハープだけで全部の音を表現することは難しく、
直前まで試行錯誤を繰り返し、本番を迎えました。」と片岡が前置きし、
シャルル・ペローの童話集がモチーフの楽曲を おとでつむぎ始める。
モーリス・ラヴェル/マ・メール・ロア


休憩のあいまには、
この日のために、自身の楽器を二人に貸し与えた片岡の友人で
打楽器奏者の稲野珠緒が、ハープのまわりに打楽器をならべる。

後半のはじまりは、
デューク・エリントンのことを想いながら創られた楽曲。
本来はソロの曲を、二台で弾き鳴らす。
目を閉じると、ハープが鳴っていることを忘れるほどの、
ジャズの色彩に彩られた旋律。
ベルナルド・アンドレ/デューク

「次に予定していた武満徹の楽曲の演奏は、
著作権の権利をもつ団体から、
ギター三台用の演奏譜面をハープで弾くことが許されず、
演奏を取りやめ、代わりに、
もともと曲数を減らして演奏する予定のシェーファーの曲を
6曲のうちの5曲まで演奏することで代えたい」と、
片岡が、武満ファンへのお詫びを述べた。

怪物退治のギリシャ神話がもとになっている曲は、
ハーピストが打楽器を打ち鳴らしながら、絃をつま弾く特別なもの。
聴いたことのない音がつぎつぎとハープの弦からはじき出され、
そこに金属や木を叩く音が重なる。
途中、片岡が歌声を 紙筒を介してハープの共鳴胴に吹き込んで響かせる。
神秘的な響きに聴衆の目が点になる。
マリー・シェーファー/アリアドネの冠

アンコールに選んだのは 林光・編曲/七つの子
アイリッシュハープとサウルハープが、
穏やかなメロディーを響かせ、
美しい余韻を残しながら、
二人は、絃を離した。

片岡は、すでに平河町ミュージックスで
ヴァイオリンの漆原啓子との共演や、
久一忠之(パーカッション)大植圭太郎(オーボエ)近藤孝憲(フルート)
を引き連れて「おとで夜遊び」を繰り広げた。
今回は鈴木明子と共に「竪琴あそび~音でつむぐ物語」。
登場の度に、いくつもの引き出しから、
予想をはるかに超えた響きを持ち出す。
その響きの秘密を知ろうと、聴衆が演奏後に二人を取り囲んで、
楽器の説明に耳を傾ける。

片岡と鈴木 のつむぐ物語は、
その響きだけでなく、
優雅でありながら、
指先と体全体を使ってはじき出される超絶技巧の様子が、
見る者を圧倒し、驚きさえ感じさせるものであった。
二人の つむぎだした物語の数々は、
美しい響きと鮮烈な残像として、
聴衆の記憶に、永くとどまるに違いない。




平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ   木村佐近











2016年9月3日土曜日

平河町ミュージックス第40回 ソウルのチェリストたち Seoul Solist Cello Ensemble を聴いた 20160901

前夜にソウルから来日した9人のチェリストたち
Song, Hee Song Noh, Myeong Kyuen Yoo, Jong Han Oh, Ju Eun Hur, Cheol Choi, Jung Eun Park Go Eun Jeong, Kwang Joon Tak, Yun Ji が、
公演当日、昼下がりの平河町にチェロを抱えて現れた。

開演 
8つのチェロから、それぞれ異なるパートの音色が飛び出し、うねるように重なり合い、
圧倒的な美しい響きとなって空間を揺らしはじめる。
David Popper Suite for 8 Cellos, Op.16 デビッド・ポッパー 8つのチェロのための組曲

8つのチェロにNoh, Myeong Kyuenがソロで加わる。
1つのチェロの晴れやかな響きを追いかけるように、8つのチェロが歌う。
のびやかな旋律と小気味の良いテンポにあわせ、聴衆が体を揺らす。
David Popper Hungarian Rhapsody for Cello Solo, Op.68 Solo; Noh, Myeong Kyuen ) デビッド・ポッパー ハンガリー狂詩曲

ふたたび、8つのチェロ
ドラマチックで、哀愁をおびた音の流れに、韓流ドラマの一コマを観ているよう。
David Popper Polonaise de Concert for 8 Cellos, Op.14 デビッド・ポッパー 演奏会用ポロネーズ


休憩のあと
まるで大きな河の流れのような、おおらかな響きに包まれる。
目を閉じると、小編成のオーケストラに囲まれているようで、とても8つのチェロだけが鳴っているとは思えない
Georg Goltermann Religioso ゲオルク・ゴルターマン レリジオーソ

一転して陽気なマンボのリズム。
時おりチェロを手のひらで打ち鳴らし、楽し気に タンタタ・タタン・タン、ウーー。
Wilhelm Kaiser Lindemann Mambo ヴィルヘルム・カイザー=リンデマン 6人のチェロ奏者のためのマンボ

韓国の人々が ふるさと を想うとき、口ずさむのがこの旋律だと言う。
日本の童謡にも似た懐かしく切ない響きが空間を染め上げる。
Hong, Nan-pa Spring of hometown 洪蘭坡(ホン・ナンパ) 故郷の春

プログラムの最後は、代表的な韓国の民謡 アリラン を編曲した楽曲。
たいせつな祖国への想いが伝わってくるようだ。
Park, Jong Yeop tales2 パク・ジョン・ヨプ 談話2

拍手が鳴り止まなかった。
アンコール曲を2つ奏でて、弓を置いた。


余韻の残る舞台で、一人一人の奏者が紹介された。
1つでも十分な響きを放つチェロが8+1並んだとき、
これほどまでに重厚で深遠なハーモニーが生まれるとは想像できなかった。
若いチェロ奏者たちは、それぞれが、みずみずしい才能にあふれるソリストで、その才能を持ち寄って生まれる重厚で深遠なハーモニーは、これからの音楽界に美しい光を放つに違いない。

右に、ソウルと平河町をつないだ崔海淑Hae Suk CHOI早稲田大学韓国校友会副会長が
中央で平河町ミュージックス佐野実行委員長がポスターを掲げる。そして満面の笑み。

美しい音楽に国境は無い。




平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ  木村佐近